FC2ブログ

喫煙環境調査の意義

10年以上続いてきた厚生労働省の「職場の受動喫煙防止対策」が段階的に縮小。

コロナ騒ぎで吹っ飛んでしまったけど、昨年4月から健康増進法が改正となり、ちゃんと対策を講じない事業所に対しては罰則も付くことに。それ以前に猶予期間もあったわけで、もうほとんどの事業所で対応済みであろうとの判断かな?

もちろん、大手はともかく中小のオフィスや工場などで対策がなされていないところもたくさんあるだろう。ここでやめちゃっていいのか?とも思うけど、厚労省としてはコロナ対策やそれに伴う雇用対策の方が最重点となるのは当然のこと。ちなみに去年から「受動喫煙防止対策に関するコールセンター」ってのが設置されてるからね…ちゃんとやってないところは従業員から通報されちゃうかもしれない。

実は結構前からうちのチームにも電話やメールで相談が寄せられてきた。
社長・役員さんや安全衛生管理担当の人から連絡をもらうならまだいいのだけれど、そうではない一般社員さんからの相談の方が圧倒的に多いのがちょっと問題。

たいていはタバコを吸わない人で、内容としてはこんな感じ。

1,休憩スペースに喫煙所もあって、臭くてイヤだ
2,自販機の隣が喫煙所なんだけど、臭いヤニ汚れが我慢できない
3,タバコ休憩から戻ってくる同僚の髪の毛やスーツが臭い

うーん…それは総務にクレーム入れましょう。
そのうえで、それ専門のコンサルがいるからとうちの名前を出してくれれば嬉しいです。

もちろん決定権のある方や総務担当、大手だと保健師さんや産業医さんから連絡をもらうこともある。
そうした場合も、まずは状況の確認が必須。
密閉された喫煙所で臭いや汚れが酷いとなれば、当然空気の流れが悪いということ。
タバコ由来の有害物質がパブリックスペースにまで漏れ出しているとしたら、非喫煙者への健康被害が心配。
まず現状がどうなっているかを知ることが、労働環境改善への第1歩。

1,出入口の形状を含めた喫煙所の形状は適正か
2,換気量は足りているか
3,喫煙所内はもちろん、その周辺スペースでの臭気や粉じん量、Co値はどうか

そんなところを測定調査し、問題点を探すのがMaple leaf の測定コンサル。
その結果を踏まえ、いくつかの改善案と選択肢を提示します。



受動喫煙防止対策のページはこちら




IMG_5296.jpg



スポンサーサイト



新年度

前回の投稿は7月
うーん…半年どころか10か月近くもブログに触らなかったんだ(´・_・`)

春に緊急事態宣言が出てからというもの、業務の1/3が完全にストップし、悲惨な状況であったとはいえちょっと無責任。
反省してます。

その緊急事態宣言発出から1年。
いっときは減少傾向にあった新規感染者もまたまた増加中。
というわけで、今度は「蔓延防止重点措置」というのが大阪や東京で発令されそう。
略して「マンボウ」って…去年は疫病退散でアマビエが流行り、今度はマンボウの絵が流行る。
なんだかなぁ。

そうはいっても、そろそろ業務を再開しないことには干上がってしまう。
三密防止ということで完全に休止していたコンサル仕事を何とか始めたいところ。
メインである喫煙所の測定調査だけでなく、事業所の執務環境における空気測定なども始めよう。
ちなみに厚生労働省が長いこと続けてきた「職場の受動喫煙防止対策」は段階的に縮小するもよう。
うちも関わってきた「測定機器の無料貸出し」は昨年度限りで終わってしまったようだ。

まぁ、あれは「無料」をいいことにリフォーム業者などで貸出し希望する事案が頻発し、ちょっと問題になってたから当然といえば当然。自分のところの仕事で使う道具を国民の血税で賄おうなんて考えが甘すぎる。

というわけで、職場の喫煙環境など空気の調査はぜひお任せを。
詳細とお申し込みは下記リンクをどうぞ♪

Maple leafのコンサルティング


マンボウ1


新型コロナと水害と




IMG_3837 (1)

本日は7月7日で七夕

まだまだ梅雨明けする気配なし

今回も多くの方が犠牲になっているというのに、自治体の知事さんは「ダムなんて必要ない」と

なるほど…そうですか

まぁ確かにダムだけの問題じゃないけど、水系管理が出来てないから氾濫って起きるんだよね



一方、春先から日本中を騒がせてきた新型コロナはといえば、いったん収束に向かうと見せかけ再度感染増の気配

再拡大の原因もおおむねわかってるんだけど、なぜか手は打たないね

パチンコ屋さんにはあれだけ無理強いしたのに、夜の街関連はなぜ優しいんだろ

うーん…謎だわ


僕らコンサルタントの仕事は、現況の問題点を探りその改善策を提示すること

でもさ、原因も改善策もわかってるのにトップが何もしないとしたら

もう打つ手無しだよね



さてさて…

自分の身は自分で守らないとな






春だというのに

今年は閏年ってことで、2月は明日29日まで
それでも例年になく暖かい日が続いているおかげで、気分はもう春…のはず

それなのに

新型コロナのおかげで、全然盛り上がらない
なんだかなぁ(*´ω`)

あのクルーズ船、そもそも日本の船じゃないし
あきらかにこっちは被害者なのに、なぜか海外で批判されてる

日本人だけ下船させて、とっとと追い出しちゃえば良かったのかな?
そうしたらそうしたで、「非人道的」と非難されるだろうね

春の行楽やいろんなイベントも中止が相次いでいるし、ひょっとしたらオリンピックも危ない
困ったもんだ

うちらの業界としては4月1日の健康増進法改正が大きな節目なんだけど、それもちょっとかすんでしまいそう。
とりあえず、これに合わせてブックレットを作成したので、興味のある人には見てもらいたい。

無料配布はHPのコンサルティングページからどーぞ

2020年春改訂版「受動喫煙防止対策7つの真実」
https://bit.ly/2TfodnE



ブックレット




とりあえず、外出の際にはマスクと消毒を忘れずに!




新型肺炎と受動喫煙

2020年4月の健康増進法改正まで。残りあと2か月弱となりました

この健康増進法改正
正直なところ、オリンピック開催に合わせWHOがゴリ押ししてきたようなものです
もっと喫煙者と非喫煙者が共存できるような日本独自の解決策が出来たはずなのに…

昨今の新型肺炎騒ぎで、WHOの偏った立ち位置は世界に広まったはず
なのに、日本の厚労省も欧米各国の保健担当部局もだんまりですね
なぜでしょう…謎です
まぁ、国連機関はあてにならんし意味がないとは昔から言われていることではありますが、少なくとも自国民の安心と安全を守るという自覚のもとに政治家や省庁は動いていただきたいと思います


とにもかくにも、4月からの健康増進法改正
罰則付きの受動喫煙防止対策となります

一昨年くらいから、大手企業や工場などでバタバタと測定調査と改善指導をしてきましたが、ぶっちゃけ地方や中小企業さんからの問い合わせはほとんどありません


「うちはちゃんと喫煙所つくってるから大丈夫」


おそらくはそのようにお考えなのでしょうけど…ホントに大丈夫ですか?
喫煙室前の廊下など、タバコの臭いしていませんか?
これまでの経験から言うと、結構な確率で有害物質を含む臭いが漏れていますよ

一度、しっかりとした環境測定をしてみてください
ホントは建物内全面禁煙ってのがいいんですけどね…それが無理ならせめて建物内は加熱式専用に切り替えるとか

コンサルティングチームM&I のサイト
https://bit.ly/2uZcBMW


20190111_050002982_iOS.jpg









プロフィール

M-ryou-Itagaki

Author:M-ryou-Itagaki
…………………
タイトルのまんま「田舎時々都会住み」を実施中。
田舎ではアウトドア系ライターとペンションのオヤジ。
街では「受動喫煙防止」と「人事労務」のコンサルタント。
田舎暮らし応援も。

最新記事
著作
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる