FC2ブログ

新型肺炎と受動喫煙

2020年4月の健康増進法改正まで。残りあと2か月弱となりました

この健康増進法改正
正直なところ、オリンピック開催に合わせWHOがゴリ押ししてきたようなものです
もっと喫煙者と非喫煙者が共存できるような日本独自の解決策が出来たはずなのに…

昨今の新型肺炎騒ぎで、WHOの偏った立ち位置は世界に広まったはず
なのに、日本の厚労省も欧米各国の保健担当部局もだんまりですね
なぜでしょう…謎です
まぁ、国連機関はあてにならんし意味がないとは昔から言われていることではありますが、少なくとも自国民の安心と安全を守るという自覚のもとに政治家や省庁は動いていただきたいと思います


とにもかくにも、4月からの健康増進法改正
罰則付きの受動喫煙防止対策となります

一昨年くらいから、大手企業や工場などでバタバタと測定調査と改善指導をしてきましたが、ぶっちゃけ地方や中小企業さんからの問い合わせはほとんどありません


「うちはちゃんと喫煙所つくってるから大丈夫」


おそらくはそのようにお考えなのでしょうけど…ホントに大丈夫ですか?
喫煙室前の廊下など、タバコの臭いしていませんか?
これまでの経験から言うと、結構な確率で有害物質を含む臭いが漏れていますよ

一度、しっかりとした環境測定をしてみてください
ホントは建物内全面禁煙ってのがいいんですけどね…それが無理ならせめて建物内は加熱式専用に切り替えるとか

コンサルティングチームM&I のサイト
https://bit.ly/2uZcBMW


20190111_050002982_iOS.jpg









スポンサーサイト



新年あけましておめでとうございます

etonengajouCD_0009.png


2020年、オリンピックイヤーが始まりました。
内外とも、年明け早々何やらキナ臭い事象が頻発していますが、とにもかくにも良い1年であって欲しいと思います。

さて、年末になって「生衛業」に分類される飲食店や各種サービス業に対する【受動喫煙防止対策助成金」が発表されました。
これまでの厚生労働省扱いではなく、各都道府県の生活衛生営業指導センターが受付窓口となります。
助成率は1/2で上限は100万円、喫煙室の設置改修や脱煙機能付き喫煙ブースの設置などがその対象となります。

私たちが担当していた厚労省事業においても、この助成金を巡り悪質なリフォーム会社による強引な営業が問題になりました。特に2020年4月という法改正のリミットを謳い、高額な工事契約へと誘導する手口が今回も多発するかもしれません。

どうしようかな…とお悩みの場合は、ぜひ私たちにご相談ください。





ブレイブブロッサムズ

ラグビーワールドカップでは日本が3連勝し、やけに盛り上がってきた感じ。
前回大会が終わって、いまいちラグビー人気も定着せず心配してたけど…いまのところ日本開催は成功してる。

昔はせいぜい大学選手権くらいしかお客さんは入らなくて、実業団(今はトップリーグ)の試合もガラガラだったんだけどなぁ。
明日10/9は僕も熊谷。
もっとも、半分は仕事だけど。

会社で評価の仕組みを作ったのはいいけれど、その運用がどうもうまくいかないという話。

うーん…正直、Excelシートでの運用には限界があると思うんだけどな。
どんなにいい仕組みを作ったとしても、ちゃんと運用ができないのでは宝の持ち腐れ。

とはいえ、そんなに予算をかけられる企業さんばかりじゃないこともまた事実。
なんとかうまい方策が見つかればいいんだけどね。



評価の仕組み作りや職場の受動喫煙防止対策についてはこちらのサイトを

https://team-mi.jimdofree.com/


桜のジャージの日本代表のように、僕らも日本の中小企業を元気にするお手伝いをしたい。


ブレイブ



渋谷で効果測定コンサル

渋谷は懐かしい場所。
学生時代、バイトも含めこの街で過ごした時間は膨大なもの。
そのシンボルでもあった東急百貨店の東横店がいよいよなくなってしまう…再開発で当然の流れではあるけれど、ちょっと残念。それにしても、86年の歴史っていうのはすごいよねぇ。





さて、今日はこちらも歴史ある企業さんで喫煙所の測定。
春にお邪魔して状況を確認し、加熱式に切替えましょうとなったんだけど、その改修が終わっての効果測定。





キレイになったし、なによりタバコの臭いや有害物質が漏れてない。
これで非喫煙者からのクレームも減るだろうけど…あとは「タバコ休憩の是非」って問題が残ってる。
こればかりは、どうしたもんかねぇ…っていう感じ。


街なかの喫煙所

母校に用事があって、久しぶりにJRの田町駅に降り立った。

改札を出てペディストリアンデッキへと進むと、ここには以前から喫煙所があったのだが…いつの間にか紙巻きたばこ用と加熱式タバコ専用エリアとに分かれていた。





これはIQOSなど加熱式タバコの利用者からすれば嬉しいこと。正直、加熱式を使ってる人間が普通の喫煙所に入るのはキツいから。でも、非喫煙の人から見れば、無駄な存在って思うだろうなぁ。

ここはデッキが広々としているからまだいいけど、狭い通路に喫煙所があった場合は結構臭い。
僕の行動範囲で見ても、横浜駅の高島屋横の喫煙所や渋谷の宮益坂交差点など「ちょっとここはまずいんじゃないか?」と思うような場所がたくさんある。

こうした屋外喫煙所は周囲を囲っているだけで、天井は開いた状態。
密閉された建物内の喫煙所と違い、煙は上から出て臭いも少なからず周囲に広がる。

厚労省の基準と言えばそれまでなんだけど、これだとタバコを吸わない人からのクレームで喫煙者の立場は悪くなる一方。
自分も喫煙者の身ではあるけれど、受動喫煙対策をやっている立場からするとこうした場所は再検討の必要があると思う。

これ以上、喫煙者の居心地が悪くならないように…




プロフィール

M-ryou-Itagaki

Author:M-ryou-Itagaki
…………………
タイトルのまんま「田舎時々都会住み」を実施中。
田舎ではアウトドア系ライターとペンションのオヤジ。
街では「受動喫煙防止」と「人事労務」のコンサルタント。
田舎暮らし応援も。

最新記事
著作
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる